h_posA0049白杖は、目が見えない人や見えにくい人(視覚に障害を持つ人)が歩く上で欠かせないものです。
(1)白杖の役割
・アンテナ機能(歩く道の状況を知る)
・バンパー機能(ぶつかったときに身を守る)
・シグナル機能(視覚障害者であることを知らせる)
(2)白杖を振って、音を立てて歩く理由は?
・前方の障害物の有無を調べながら、音で自分の存在を周囲に知らせている。
・道路交通法では、白杖を持つ人の通行などを妨げないようにと定められている。
白杖の音に気づいたら、視覚に障害を持つ人に配慮しよう。