h_posA0045

(1)白内障と緑内障
・白内障は、目の中のレンズ(水晶体)が濁って、ものがクリアに見えなくなる病気。
・緑内障は、目の中の神経が死んでいく病気。視野が徐々に欠けていくが、進行しても視力は低下しないことが多い。
【視神経乳頭陥凹】
眼圧で視神経乳頭が陥凹した状態。
大きいときは緑内障が疑われる。
【網膜神経繊維層欠損】
眼圧による神経線維の障害。
視野欠損と関連する。
(2)手術の目的の違い
・白内障の手術は、濁った水晶体を取り除いて、眼内レンズと置き換えるもの。
・緑内障の手術は、房水の流れをよくして、眼圧を下げるもの。
・薬物治療で眼圧が下がらないときにレーザー治療や手術療法をおこなう。
・急性緑内障の発作をおこしやすい場合は、予防的な手術をおこなうこともある。
(3)本当に見えなくなるのはどっち?
・白内障は、手術で濁った水晶体を取り除いて、眼内レンズを挿入すれば、視力は元に戻る。
・緑内障は進行すると失明する。
・眼圧を下げる治療を続けることで、失明は防げる。
(4)緑内障はどんなときに見つかるの?
・緑内障は、眼科医が眼底検査をしないと、発見できない。
○眼球内は透明なので、網膜の血管を外から見ることができる。
○眼底は身体の中で唯一、直接、血管を観察することができるところ。
○網膜血管の状態を見ることで、高血圧や糖尿病、高脂血症なども発見できる。
老眼の眼鏡合わせのときに、眼科医による視野検査を受けるとよい。