アイチェックチャート

アイチェックチャートは、 自分で気づきにくい視野の異常を見つけるための簡易テストです。
視野異常は、視力低下と違って自分で気づかないことが多く、視野異常の発見は失明予防に大切です。 加齢黄斑変性によるゆがみや中心のぼやけなどを発見できます。
日本では眼科の通常の診察では、視野検査はほとんど行われません。 そこで、家庭の中で視野異常を見つけるためにつくられました。 左右別々に検査することで視野異常を見つけやすくなります。

視力がよければよいの?

視力が良くても目は健康とは限りません。
40歳から緑内障などの失明につながる病気が増えます。
老眼が気になりだしたら年に1度の定期検査をしましょう。
アイチェックチャートで、定期的に片目づつの検査をしましょう。

視力より大事な「視野」

視力の異常は自分で気づけるのですが、
視野の異常はなかなか自覚できません。
どうして気づかないかというと、目が左右2個あるからです。
通常、私たちが感じている視野は両目で見た視野です。
左右の視野は半分以上が重なり合っています。
そのため、片方の視野がかなり欠けていても
打ち消されて気づけないのです。

視力が下がりにくい緑内障

緑内障は目の中に充満している液体の圧(眼圧)に耐えられなくなって、神経が徐々に障害されて、視野が欠
けてくる病気です。

緑内障は視力が下がりにくい病気です。緑内障になると、上の図のように見えないところ(黒い部分)がど んどん広がります。でも、黄斑部といわれる中心部が障害されない限り、視力は下がりません。右図の4人 の場合、重症の右2人もふくめて視力は1.0を保っています。視力が出ても目が健康ということではないの です。早期発見、早期治療で失明を防げる病気です。

目の異常を自分でみつけることができるアイチェックチャート

緑内障の他に、網膜剥離、眼底出血、視神経と脳疾患、黄斑疾患な どの病気が見つけられます。 異常が見つかったら必ず眼科を受診しましょう。
 
正会員に入会、または3000円以上の寄付でアイチェックチャートが貰える!